ルテイン

ルテインは色素成分カロテノイドの一種で、光を吸収する働きがあります。人体では網膜にもっとも多く存在し、有害な光線から網膜を守っていると考えられています。食品ではブロッコリーやほうれん草、ケールなどに豊富です。有効性として、黄斑変性症、白内障予防、結腸、直腸がんの予防が挙げられます。ただし、以上の各症状へ適用はサプリメントではなく、一般的食品からのルテイン摂取が推奨されます。他には、Ⅱ型糖尿病予防、心疾患予防、色素性網膜炎などに効果があるとされています。安全面においては、ほとんどの人に安全のようです。妊娠授乳期の方は、サプリメントなどによる摂り過ぎにご注意ください。他の医薬品との相互作用については明らかでない為、医薬品を服用している方はご使用になる前に医師または薬剤師へご相談ください。