「婚約解消」とは

結婚という人生の大きな分岐点を迎える前の2人にとって、大切な準備期間として「婚約期間」が設けられております。婚約期間の間に実際にお二人のお気持ちをしっかりと確かめ合いながら、今後の長い道のりである人生においての価値観や結婚観などを確認しお二人のお気持ちいやそれぞれの足並みを揃える準備をいたしましょう。場合によっては、この婚約期間の間に婚約解消を行われるカップルもおりますが、婚約期間において執り行わられた「結納」「婚約セレモニー」にて発生した金銭面の請求金額に関しては、後のトラブルの元にもなりかねませんので、仲人のいる方は仲人などの第三者的な立場となる相談役を通じて、お話し合いをされることが何よりも大切です。「婚約」は法、的に認められた契約でもありますので、一方的に婚約を破棄することが、大きなトラブルに発展する可能性もあります。ケースによっては、慰謝料や損害賠償などといったような請求が、発生する事例もあるようですので、「婚約の解消」お二人だけでの口約束などで済ますのではなく、正式な手順や段階をきちんと踏んだ上で、周囲との合意の上で取り行なっていくことなどが重要とされるようです。また、すでに披露宴会場やウェディングドレスなどのアポイントメントが既に発生している場合は、婚約の解消がはっきりと決まった段階で方々にキャンセルの連絡を入れる必要があるでしょう。その段階で各方面でのキャンセル料などが発生してしまった場合、キャンセル時に発生する金銭に関する双方の話し合いなどが必要となってくる可能性がありますので、結納・婚約・結婚に至る期間に発生した金銭に関する領収書は、不備がないように取り揃えておくことなども重要です。