「桜湯」はお好きですか

結婚式の披露宴会場に到着してから、ドレスやタキシードに着替えをする場合、遅くとも30分から1時間前には到着しておきたいものですね。クロークなどに荷物を預け身だしなみを整えたら、受付を済ませる段取りとなるはずです。受付ではお祝いの言葉を述べながら芳名帳に署名いたします。事前にお祝いを贈っていらっしゃる方は、芳名帳に記入するのみですが、お祝い金を持参された方は、受付の方にお祝いの意を述べた後に「心ばかりのお祝いです」などと、一言添えた上でお祝い金をお渡しいたしましょう。出席者たちが寛ぐ全室などで飲み物などのドリンクサービスがある場合は、遠慮なさらずにお好きな飲み物をいただきましょう。周囲の人々へのご挨拶や楽しい会話を弾ませながら、会場に入る前のゆったりとしたくつろぎの時間を楽しみましょう。全室では懐かしい顔ぶれに出くわすかもしれませんが、大声や長時間の立ち話は避けましょう。周囲の雰囲気に合わせるように和やかな会話を弾ませることが大切です。また両家のご両親やご親族の方への挨拶する場合は「この度はおめでとうございます」などといった形で簡素な形でも構いませんので、きちんと一礼した上で一言、ご挨拶を述べることが大切です。ドリンクサービスなどに、桜湯を勧められた場合、苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、おめでたい席でのお飲み物なので一口でもいただくのがマナーとされております。